menu

ドッグトレーナーになる方法と資格

ドッグトレーナーに適した性格

ドッグトレーナーに適した性格

犬を愛する人にとってドッグトレーナーは憧れの職業だといわれています。

その反面、ドッグトレーナーになるには適性があるという意見もあり、「自分はトレーナーに向いているのか否か」と迷ってしまう人もいるようです。

ここではドッグトレーナーに適した性格とはどんなものなのかについて説明していきます。

心から犬を愛している

ドッグトレーナーになるのに「愛犬家であるか否か」は大きな問題です。

もちろん、特別に犬が好きでなくとも職業としてのドッグトレーナーになることはできます。

しかし、ドッグトレーナーに犬への愛がなければ良いドッグトレーナーになることはできません。

ドッグトレーナーになるには、まずは「犬に対する愛があること」が条件なのです。

人とのコミュニケーションが好き

犬を訓練するドッグトレーナーになるのに、ナゼ「人間とのコミュニケーション」が必要となるか分からないという人もいるかもしれません。

ところが、実はドッグトレーナーに必要な資質のひとつが人間(犬の飼い主や家族)とのコミュニケーションなのです。

よく「犬は飼い主に似る」といいますが、犬のしつけをするにはまず飼い主からと言い換えることもできるでしょう。

忍耐強い性格である

犬に限らず何かを教育するには「強い忍耐心」が不可欠です。

相手が人間であろうと犬であろうと、トレーニングをする側には忍耐強さが求められます。

ドッグトレーナーは訓練が上手くいかなくとも落ち込んだり怒ったりすることなく、コツコツと忍耐強く教え続けられる能力が必要なのです。

さらにいえば、忍耐強さに加えて「マメ」であれば言うことがありません。

明るく元気な性格である

ドッグトレーナーは犬の訓練をするだけでなく、その飼い主や家族に対してもトレーニングを行なう仕事です。

我が家に犬がいるということはハッピーなことであり、犬が家族の一員であることで家族みんなが楽しく暮せるということは言うまでもないことでしょう。

その犬を飼うことの楽しさやその意義を伝えるのに、暗くて元気のないドッグトレーナーでは説得力がありません。

常に元気いっぱいで陽気である必要はないものの、ポジティブな性格であることは必要条件といえるでしょう。

その他のドッグトレーナーに適した性格としては、「責任感がある」「物事を途中で投げ出さない」「やる気がある」「あまり細か過ぎない」などが挙げられます。

ドッグトレーナーが几帳面過ぎても訓練は上手くいきませんが、かといって適当過ぎては訓練の成果を上げることはできません。

また、一度始めたことを途中で止めてしまうようでは意味がないことは周知のとおりです。

ドッグトレーナーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ドッグトレーナーの資格について知りたい!
  • とりあえずトレーナーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ドッグトレーナーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事