menu

ドッグトレーナーになる方法と資格

ドッグトレーナーに役立つ関連資格4種類

ドッグトレーナーに役立つ関連資格4種類

ここではドッグトレーナーや犬の訓練に関連する各種資格について紹介していきます。

ペットトレーナー

我が家の愛犬(ペット)のトレーニングに最適な犬の訓練としつけに関する資格です。

人間とペットのより良い共存や人間社会で生活する犬のためのトレーニングの方法を学び、自宅の愛犬だけでなく仕事としてペットトレーニングを行なうこともできます。

そのほかにも動物病院やペットショップ、ペットアドバイザー、ペットシッター、ペットレジャー施設、ペットカフェなどへの就業も期待できるでしょう。

また、ドッグトレーナー(犬訓練士)への入門編として取得する資格としても人気です。

ドッグトリマー

トリマーとはペットの毛をカットしたり毛並みを整えるなどの仕事を行なうペットの美容師です。

主に家庭犬(愛玩犬)を取扱う仕事で、犬に関する知識や経験が必要な職業といえるでしょう。

ダイレクトに犬の訓練とつながる資格ではありませんが、ペットショップやペットレジャー施設への就業を考えている人やペットのドッグトレーナーを目指している人なら取得しておいても損のない資格といえるかもしれません。

ドッグシッター

飼い主に代わってペット(愛犬)のお世話をするのがドッグシッターで、別名ペットシッターとも呼ばれる資格です。

ドッグシッターは、ペットは飼っているものの世話をする時間がない、ペットに詳しい人に愛犬の世話を任せたいという飼い主が増えている現状から需要の高い職業といえるでしょう。

ペットといえども動物ですから、しっかりしたしつけは必要ですが、現実問題として飼い犬のなかには必要なしつけが施されていないケースが多々見られます。

そうした意味合いからも、ドッグトレーナーを目指す入門編として取得しておくと役立つ資格といえます。

ペット飼育アドバイザー

ペットの飼い主の多くが悩んでいるのが、我が家のペットのしつけや健康管理です。

このペット飼育アドバイザーは、そうした飼い主の相談に対応してアドバイスなどを送る仕事で、さまざまな分野からのリクエストがある職業といえるでしょう。

実際、ペットを飼っている一般家庭からの相談が多数あるだけでなく、幼稚園や保育園などからの相談も大変多いなどペット飼育アドバイザーの需要は増えています。

現在の日本ではペットといえどもしつけは不可欠であり、人間とペットが快適に生活していくうえではカギを握る存在がペット飼育アドバイザーといえるわけです。

ドッグトレーナーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ドッグトレーナーの資格について知りたい!
  • とりあえずトレーナーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ドッグトレーナーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事