menu

ドッグトレーナーになる方法と資格

家庭犬トレーナーの講座と資格

家庭犬トレーナーの講座と資格

ドッグトレーナーの多くは家庭犬のしつけを行なっています。

もし、ドッグトレーナーを目指しているなら、国際家庭犬トレーニング協会の「家庭犬トレーナー」の資格を取得しておくと将来的に好都合でしょう。

国際家庭犬トレーニング協会とは

国際家庭犬トレーニング協会は「人と犬との共生社会実現を目指す全国組織」で、優秀なドッグトレーナーやドッグマインダーの育成にも力を注いでいます。

この協会が特に力を入れているのが「グッドボーイ@プロジェクト」という社会活動で、犬と飼い主のための社会教育を行なっています。

グッドボーイというのは欧米の飼い主が愛犬をほめるときの言葉で、日本でいえば「いい子だね!」や「よくできました!」といった意味合いになるでしょう。

家庭犬トレーナーとは

こちらの「家庭犬トレーナー」は国際家庭犬トレーニング協会が認定する資格です。

家庭犬トレーナーは一般家庭で飼育されている犬のしつけや飼育相談に応じる訓練士の資格で、「家庭犬トレーナー1~2級」、「家庭犬トレーナー・アドミニストレーター」、「家庭犬トレーナー・スーパーバイザー」、「ドッグマインダー」などの資格があります。

家庭犬トレーナーの資格の種類

その詳細は次のようになっています。

家庭犬トレーナー2級
通信講座受講(8ヶ月)と研修会の修了後、実技・筆記試験を受けて合格した者が取得できる資格です。

家庭犬トレーナー1級
2級ライセンス取得および2年以上の実務経験を前提に、認定校で1年以上の課程を修了したのち実技・筆記試験を受けて合格した者が取得できる資格です。

家庭犬トレーナー(アドミニストレーター)
ドッグトレーニング技術を習得しているだけでなく、トレーナー指導もできるドッグトレーニングスクールの責任者に適した資格です。

家庭犬トレーナー1級資格取得を前提に所定の講習を修了したのち、実技・筆記試験を受けて合格した者が取得できます。

家庭犬トレーナー(スーパーバイザー)
ドッグトレーニングを通じて犬に関する知識や技術を習得していると認められる資格です。

家庭犬トレーナー(アドミニストレーター)資格取得を前提に、所定の講習を修了したのち筆記・口頭試験を受けて合格した者が取得できます。

ドッグマインダー

家庭犬などが老化などによって介護が必要になった場合に世話をするのがドッグマインダーです。

犬の介護や世話だけでなく、動物の生態や飼育法、法律など広範囲にわたって学びます。

講座修了後、筆記試験に合格すると資格が取得できます。

ドッグトレーナーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ドッグトレーナーの資格について知りたい!
  • とりあえずトレーナーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ドッグトレーナーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事