menu

ドッグトレーナーになる方法と資格

ドッグトレーナーの資格5種類

ドッグトレーナーの資格5種類

犬のしつけや訓練を行なう人気のドッグトレーナーの資格について紹介します。

現在のところ、ドッグトレーナーの公的な資格はありませんが、各種の民間資格を取得することはドッグトレーナーとして就業する早道といえるでしょう。

また、我が家の愛犬のしつけや訓練に役立つ資格も多数ありますので、自分の目的に適した資格を探してみてはどうでしょうか?

ドッグトレーナー

ドッグトレーナーはその名称のとおり、犬のしつけと訓練を行なうための資格です。

この資格がなくてもドッグトレーニングを行なうことは可能ですが、犬訓練の基礎を習得することによりプロへの道も開けやすくなります。

また、個人ではなかなかできないドッグトレーニングの実技や技術を習得するためにも最適な資格といえるでしょう。

家庭犬トレーナー

家庭犬(ペット、愛玩犬)のしつけや訓練を行なうのに適した資格です。

ペットが人間と共存していくためには、社会的な生活ルールを身に付ける必要があります。

そうしたルールに含まれる基本的なしつけや訓練の方法を学び資格を取得することによって、家庭犬トレーナーの専門家としての就業や独立も可能となるでしょう。

もちろん、我が家の愛犬のしつけやトレーニングにも役立つ資格です。

愛犬飼育管理士

家庭で飼育されている愛犬の飼育や管理の知識とスキルを習得できる資格です。

この資格は単にペットのしつけや訓練だけでなく、犬学や繁殖、動物愛護法などの習得も基盤としたものであり、将来的にドッグトレーナーになりたい人にとっても有用な資格といえるでしょう。

プロの愛犬飼育管理士を目指す人だけでなく、我が家の愛犬のトレーニングをしたい人にも最適な資格となっています。

犬の訓練士

犬の訓練士には警察犬訓練士や盲導犬訓練士などのほかに、一般犬の訓練を行なう訓練士のジャンルもあります。

現在の日本はペット数の増加とともに、それに伴う悩みやトラブルも急増しています。

この犬の訓練士はそうした悩みの解消やトラブル防止にも役立つ資格であり、ペットレジャー施設やペットショップなどへの就業を考えている人にも適した資格となっています。

ドッグハンドラー

ハンドラーはドッグショーなどに出場する犬の訓練とショー当日にハンドリングを行なう仕事です。

ほとんどのハンドラーは専門家(プロ)であり、犬を預かってトレーニングを施す仕事を請け負っています。

いわばドッグショーのためのドッグトレーナーがハンドラーということができ、独立して起業することもできる資格ということができるでしょう。

ドッグトレーナーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ドッグトレーナーの資格について知りたい!
  • とりあえずトレーナーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ドッグトレーナーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事