menu

ドッグトレーナーになる方法と資格

犬の訓練に使われる専門用語

犬の訓練に使われる専門用語

ドッグトレーナーが犬の訓練やしつけでよく使用する用語集です。

あ行

アタッチメント
犬が寝た状態でドッグトレーナーが体を自由に触る訓練です。このとき逆らわずドッグトレーナーに自由に触れさせるようにする服従トレーニングの一種となります。(=ボディコントロール)

か行

緩歩(かんぽ)
犬と人間が並んで立ち、ゆっくりした速度で行進することをいいます。

脚側行進(きゃくそく-こうしん)
トレーナーが犬の右側に位置を置いてあるくトレーニングです。脚側というのはトレーナーの左足サイドに犬が位置するという意味、行進とは文字通り前に進むという意味となります。これはドッグトレーニングの初歩ともいうべき訓練で、犬と人間がともにスムーズに歩くための基本といえるでしょう。

休止(きゅうし)

犬が「停座(お座り)」や「伏臥(伏せ)」をしている状態をいいます。

さ行

視符(しふ)
ドッグトレーナーが手や体の動作で犬に命令するトレーニングです。

招呼(しょうこ)
ドッグトレーナーが休止中の犬を呼び寄せることをいいます。

常歩(じょうほ)
犬と人間が並んで立ち、通常の速度で行進することをいいます。

声符(せいふ)
ドッグトレーナーがトレーニングに使用する言葉を指します。

速歩(そくほ)
犬と人間が並んで立ち、軽い駆け足する程度の速度で行進することをいいます。

た行

停座(ていざ)
いわゆる「お座り」のことで、ドッグトレーナーは犬に対して「座れ」と声を掛けながら右ヒジを肩の上まで上げます。

は行

ハンドリング
ドッグショーなどでトレーナーが自由に犬を引いて操作することをいいます。

ボディコントロール
犬が寝た状態でドッグトレーナーが体を自由に触る訓練です。このとき逆らわずドッグトレーナーに自由に触れさせるようにする服従トレーニングの一種となります。(=アタッチメント)

ま行

マウンティング
犬が対犬・対人を問わず、性行為を示すような行動を取ることをいいます。これは自分の優位性を示すためである場合と性的な本能による場合などによるものです。

マズル・コントロール
犬の口に触れながら人間の優位性を示し、かつ信頼関係を結ぶという訓練です。マズるとは犬の口吻(ストップから鼻先までの部分)をいいます。

モチベーター
ドッグトレーニングで犬のモチベーションをアップするためのアイテムを指します。アイテムの種類はドッグフードから犬のオモチャまでさまざまです。

ら行

リーダーウォーク
ドッグトレーナーが犬を主導しながら歩くことをいいます。

立止(りっし)
犬が立ったまま待っている状態をいいます。

ドッグトレーナーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ドッグトレーナーの資格について知りたい!
  • とりあえずトレーナーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ドッグトレーナーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事