menu

ドッグトレーナーになる方法と資格

仔犬の社会化トレーニングの内容

仔犬の社会化トレーニングの内容

仔犬の社会化トレーニングは犬と人間が共存し、お互いがより良い存在であるためにも不可欠な訓練のひとつです。

現代社会のルールは犬にとっても無視することはできず、そのルールを無視すれば犬にとって住みにくい環境が形成されてしまうでしょう。

その意味でも、仔犬の社会化トレーニングは犬と人間が親密な関係を築いていくための強力なツールになりうるものということができるのです

次に、ドッグトレーナーが行なう仔犬の社会化トレーニングの内容について詳しく紹介していきます。

仔犬の対人トレーニング

家庭に飼われている犬はペット(愛玩犬)だというイメージが強いことは確かです。

しかし、犬のルーツをたどってみると、野生の動物であったり狩猟犬や牧羊犬であったりなどの過去があるという事実を無視することはできません。

そこで、仔犬の時期にしっかりした対人トレーニングを施すことによって、人間社会で犬がより良い状況で行動する規範を作ってやることが重要となります。

仔犬の対人トレーニングでは、赤ちゃんや子供から高齢者までさまざまな人とのコミュニケーションのルールを訓練します。

特に無警戒に犬に触れようとする子供や、逆に犬に嫌悪感を抱く人、怖がってしまう人などと、どのように関わればいいのかは仔犬の時期に教えてやる必要があります。

仔犬の対犬トレーニング

同じ犬同士といっても、犬種・年齢・性別・飼育環境によって違いがあります。

また犬自身も個体差や性質の違いなどがあり、犬と犬とのコミュニケーションがすべて上手くいくというわけではないのです。

犬のなかには他の犬を怖がったり、逆に興奮して喧嘩腰になったりするタイプもいます。

そうした行動はトラブルの原因ともなりますので、仔犬の時期に適切なトレーニングを施して予防する必要があるのです。

ドッグトレーナーはトレーニングの過程で犬同士を上手く遊ばせるなどの訓練を施し、家庭犬同士のコミュニケーションの取り方や対応の仕方などを訓練します。

仔犬の対環境トレーニング

犬が飼育される環境は家庭によって千差万別です。

交通量や人口の多い都会で飼育されるのか、自然が豊かな地方で飼育されるのかといった違いによっても犬の生活環境は変わってきます。

仔犬のトレーニングでは、犬が生活する環境に合わせて対環境トレーにニングを行ないます。

散歩道で出会うバスやトラック、自動車、バイク、自転車、歩行者などにどう対応するのか、自家用車に乗せられたときにどう対応するのか、ガソリンスタンドや店舗などでどう行動すべきかなど日常生活に密着した環境トレーニングは欠かせないものといえるでしょう。

ドッグトレーナーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ドッグトレーナーの資格について知りたい!
  • とりあえずトレーナーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ドッグトレーナーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事