豆知識

ドッグトレーナーが扱う超小型犬の種類

ドッグトレーナーが扱う超小型犬の種類

ドッグトレーナーといっても訓練を行なう犬の種類はさまざまです。

犬種によっては訓練がしやすいタイプと、多少の苦労があるタイプもあるでしょう。

もちろんドッグトレーナーによって得意とする犬種もあり、その対応方法やコツにも違いが出てきます。

ここでは家庭犬のドッグトレーナーがよく扱う超小型犬の種類について紹介します。

チワワ(Chihuahua)

世界で最小種の超小型犬です。

北米アステカ文明の時代にはすでに王族に飼われていた犬種で、日本では1970代頃より飼育を行なわれるようになった犬です。

小さくて愛らしい外見ではありますが、性格は勇敢で好戦的な一面もあります。

飼い主に対しては甘えてよくなつく性質で、子供の頃から甘やかしてしまうとしつけが難しくなる場合もあるので注意が必要です。

人気のチワワ:スムースコートチワワ、ロングコートチワワなど

ポメラニアン(Pomeranian)

スピッツと同様にサモエドを祖先とする超小型犬です。

ポメラニアンの故郷であるポメラニア地方はバルト海南岸にあり、昔からスピッツ系の犬種が多数育てられていた地域でした。

愛らしい容姿にふさわしく、好奇心旺盛で陽気な性格が特徴です。

とても飼い主になつく性質ですが、それだけにしっかりしたしつけをしないと不安感を感じたり環境の変化に影響されることがあります。

トイ・マンチェスター・テリア(Toy Manchester Terrier)

日本では通称トイマンとも呼ばれる超小型犬です。

マンチェスター・テリアを19世紀に小型化した犬種で、引きしまったボディとロウソク耳が特徴です。

性格は明るく優しく、かつ好奇心が旺盛で家族に愛される犬種といえるでしょう。

もともとはネズミを狩るゲーム用に改良された犬であり、その狩猟本能のせいかネズミを見掛けると追い掛けてしまうかもしれません。

ヨークシャー・テリア(Yorkshire Terrier)

愛らしい外見で大人気、別名ヨーキーとも呼ばれる超小型犬です。

ヨークシャー・テリアは19世紀にイギリスのヨークシャー地方で狩猟犬として飼育されていた犬種です。

飼い主と遊ぶのが大好きという人なつこい性質で、比較的しつけしやすいという特徴があります。

さびしがり屋という一面があり、犬をペットとして可愛がりたいという人には適しているでしょう。

その他の超小型犬

カニンヘン・ダックスフンド

 胴長短足の容姿が愛らしい犬です。明るく温和な性質でしつけもしやすいという特徴があります。

狆(チン)

 奈良時代から日本で飼われていた犬です。プライドが高く気が強い性質ながら、神経質な一面も持ち合わせています。

ノーリッチ・テリア

 コンパクトで四肢が短いという愛らしい容姿の犬です。環境に適応する性質を持ち、飼いやすくしつけもしやすい犬といえるでしょう。

ドッグトレーナーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ドッグトレーナーの資格について知りたい!
  • とりあえずトレーナーの世界に触れてみたい!

そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ドッグトレーナーへの第一歩を踏み出すためにやる事!