menu

ドッグトレーナーになる方法と資格

ドッグトレーナーとは?

ドッグトレーナーとは
Pocket

「ドッグトレーナー」という言葉を知っていますか?

ドッグトレーナーは別名・犬訓練士ともいい、犬の各種訓練やしつけを行なう職業を指します。

一般にはまだ耳馴染みのないドッグトレーナーという職業ですが、いったいどんな仕事で就職先などはどんなところがあるのでしょうか?

ここでは、愛犬家にも大人気のドッグトレーナーについて詳しく紹介していきます。

ドッグトレーナーとは?

ドッグトレーナー(Dog Trainer)とは犬の調教や訓練、しつけなどを行なう仕事です。

このドッグトレーナーにはさまざまな種類があり、警察犬や麻薬探知犬、災害救助犬などの訓練を行なう仕事や、盲導犬、ペットのしつけを行なう仕事まで広範囲にわたった仕事が含まれています。

その仕事内容によって勉強方法や求人先も異なってきますが、一般的にはそのどれもを「ドッグトレーナー」と総称しているわけです。

ドッグトレーナーの資格は?

ドッグトレーナーになるには国家資格のような公的な資格は必要ありません。

ただし、警察犬のトレーナーになるには日本警察犬協会の認定資格が必要であったり、盲導犬のトレーナーになるためには盲導犬協会に所属するなどの条件があります。

また、家庭犬のドッグトレーナーになるにも、まったくの未経験者では求人に応募しても採用される可能性は低いので一定レベルの知識とスキルを有している必要があるといえるでしょう。

ドッグトレーナーの就職先は?

ドッグトレーナーの活躍の場は、その仕事内容によって多岐にわたっています。

警察犬訓練士の場合でも、警察官になって働く直轄犬訓練士と民間で訓練を行なう民間犬訓練士の2種類があります。

盲導犬訓練士の場合は、全国に10団体ある盲導犬育成団体のうちのいずれかの職員となれば働くことができます。

一方、家庭犬のドッグトレーナーは、犬の訓練を請け負っている企業などが主な就職先です。

もしドッグトレーニングの技能や経験を得て顧客を獲得できれば、将来的に起業などを行なうことも可能となるでしょう。

ドッグトレーナーになるには?

ドッグトレーナーになるための特別な資格はありません。

ただし、警察犬訓練士や盲導犬訓練士といった職業に就くためには、一定レベルの勉強や認定などが必要となります。

家庭犬のしつけを行なうドッグトレーナーは、犬の訓練を請け負う企業に就職することが必要となってきます。

この家庭犬のドッグトレーナーになるには、養成学校や通信講座などで学ぶのが早道といえるかもしれません。

ドッグトレーナーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ドッグトレーナーの資格について知りたい!
  • とりあえずトレーナーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ドッグトレーナーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事