menu

ドッグトレーナーになる方法と資格

ドッグトレーナーの資格と通信教育

ドッグトレーナーの資格と通信教育
Pocket

ドッグトレーナーには公的な資格はありませんが、民間団体や企業による各種資格があります。

そのなかで、近隣に学校がなかったり時間的に忙しい人でも取得可能なのが通信教育による資格です。

ここでは、ドッグトレーナーの資格と通信教育について紹介していきます。

日本ケンネルカレッジ

日本ケンネルカレッジはペット資格専門の通信専門校です。

グループ企業にはつくば国際ペット専門学校があり、その学校での教育を基礎とした通信教育を行なっているため信頼感の高さで人気があります。

ドッグトレーナー基礎講座

日本ケンネルカレッジにはドッグトレーナーの基本を学べる「ドッグトレーナー基礎講座(ベーシック講座)」があります。

これはドッグトレーナーの基本を正しく学ぶ講座で、ペットを飼ううえで不可欠なしつけを中心に、基本的なしつけ理論から応用的な訓練までを学びます。

この講座修了後は「ベーシック講座修了証書」を取得でき、さらにワンランク上のマスターコースの受講への基礎となります。

主な学習内容
[パート1]
1:訓練とは
2:声符と視符
3:訓練用具
4:褒め方・叱り方

[パート2]
1:ホールドスチール
2:リーダーウォーク
3:アイコンタクト

[パート3]
1:停座
2:伏臥
3:休止
4:脚側停座・脚側行進

[パート4]
1:立止
2:招呼
3:馴致
4:問題行動の矯正

ドッグトレーナー養成専門講座

もうワンランク上の日本ケンネルカレッジの通信教育講座が「ドッグトレーナー養成専門講座(マスターコース講座)」です。

家庭や社会での人間と犬のより良い共存を目指すためのドッグトレーナー養成専門講座です。

犬のしつけや訓練はペットを飼ううえで不可欠なものであり、それを専門的に行なうのがドッグトレーナーといえるでしょう。

この講座修了後にマスターライセンス認定試験を受け、合格すれば「JCSA認定ドッグトレーナー資格」が取得できます。

さらに、資格取得後に実技スクーリングに参加・修了すれば、インストラクター認定試験に合格すると「JCSA認定ドッグトレーナーインストラクター(A~C級)資格」が取得可能です。

主な学習内容
1.訓練用具
2.しつけの意義
3.リーダーシップ
4.褒め方叱り方
5.遊びの重要性・その方法
6.トレーニングのポイント
7.トレーニング方法~5つの服従項目の必要とポイント
8.コマンド・ハンドサインの出し方・褒め方・叱り方
9.犬の表情とボディランゲージ
10.カーミングシグナルについて
11.それぞれのカーミングシグナルの状況
12.犬の五感とコミュニケーション
13.犬の本能
14.犬の攻撃性について
15.犬を飼うにあたって
16.仔犬からしつける
17.問題行動
18ト. レーナーの心構え
19トレーニングを請け負う前に

上記のような内容となっていますので、気になる人はチェックしてみてはどうでしょうか。

ドッグトレーナーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ドッグトレーナーの資格について知りたい!
  • とりあえずトレーナーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ドッグトレーナーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事