menu

ドッグトレーナーになる方法と資格

とあるドッグトレーナーの一日の仕事の流れ

ドッグトレーナーの一日の仕事の流れ
Pocket

「ドッグトレーナーは家庭犬の訓練をする仕事」ということは知っていても、実際に毎日どんな業務をしているかは案外知られていないようです。

ここではドッグトレーナーの一日の仕事の流れを紹介していきましょう。

次の例は一般的なドッグトレーニングの事業所に勤務しているドッグトレーナーのある一日のスケジュールです。

スケジュール(1):午前

午前8:00~8:30 ドッグトレーナー出勤
事業所に出所し、スタッフとの打合せや必要な事務処理などを行ないます。

本日のスケジュールを確認、トレーニングの準備や事前チェックなども併せて進めていきます。

トレーニングを行なう犬が到着してしまってから準備不足が分かっても早急には対応できないことが多いので、スタッフとの打合せやトレーニング準備は事前にしっかり行なっておく必要があります。

午前10:00 トレーニング犬が来所
ドッグトレーニングを受ける犬が飼い主とともにトレーニング所に訪れてきます。

ドッグトレーナーは飼い主とコンタクトを取るとともに、トレーニングの概要を説明したり飼い主からの報告を受けます。

犬の飼い主が事業所を後にしたのち、ドッグトレーニングがスタートします。

(※ケースによっては飼い主とともにトレーニングを行なったり、飼い主が見学するような場合もあります。)

午前10:00以降 ドッグトレーニングの開始
トレーニングを受ける犬の体調チェックや体重測定などを行ないます。

犬のトイレなどを済ませ、トレーニングがスタートします。

トレーニングの基礎となる犬の社会化トレーニング(人間社会のなかで犬が生活していくための訓練)などを行ないます。

スケジュール(2):午後

午前13:00 トレーニング
基本的な犬のしつけを中心とするドッグトレーニングの授業を行ないます。

トレーニング内容は犬のレベルによって異なりますが、基礎となるしつけ(例・「おすわり」、「ふせ」、「おいで」、「まて」など)の授業をします。

これは犬の現在の訓練レベルだけでなく、仔犬なのか成犬なのか、犬種は何か、飼い主宅の状況はどうかなどによっても違ってきます。

どのようなトレーニングを行なうかはドッグトレーナーの判断や飼い主の希望によっても異なってきますので、トレーナーの知識や経験、スキルなどが問われる部分といえるでしょう。

午前16:00 休憩・事務・掃除
犬の休憩をはさみながら、ドッグトレーナーの仕事に必要な事務仕事やトレーニング場の掃除などを行ないます。

スケジュール(3):夜

午前17:00頃 犬の飼い主が来所
犬の飼い主が愛犬を迎えに来たら、本日のトレーニングの報告や注意点などを説明します。

このとき、飼い主に対して自宅でできるレッスン方法などのレクチャーを行ないます。

ドッグトレーナーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ドッグトレーナーの資格について知りたい!
  • とりあえずトレーナーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ドッグトレーナーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事