menu

ドッグトレーナーになる方法と資格

ドッグトレーナーの給料と年収

ドッグトレーナーの給料と年収
Pocket

「犬が好きでドッグトレーナーになりたい」という志はあっても、プロとして生活していくためには給料や年収も無視することはできません。

ドッグトレーナーの給料や年収はいったいどのくらいなのでしょうか?

一般のドッグトレーナーの給料・年収

ドッグトレーナーには各種の就職先があります。

その代表的なものがドッグトレーニングを行なっている企業(会社)への就職です。

主として家庭犬のしつけを行なう仕事ですが、社員や契約社員、パート、アルバイトなどの求人があります。

企業や会社に所属したドッグトレーナーの給料や年収には地域差や企業経営者の方針によって違いがあるものの、給料(月収)では約18~25万円程度、年収では約300~400万円程度というのが標準的です。

一般的な会社員の平均給料は月収で約26万円程度、年収は約420万円程度といわれていますので、それよりもやや低めの金額といえるかもしれません。

また、地域や経営者の方針によっては給料が約12~16万円程度、年収が約200~250万円程度というところもあります。

ただし、ドッグトレーナーとしての経験を積めば独立も可能な職業であり、かつ兼業することもできますのでそういった可能性を模索してみてもいいでしょう。

警察犬訓練士の給料・年収

警察犬のトレーニングを行なう警察犬訓練士には2つの種類があります。

1つは警察官採用試験に合格して警察に就職し、鑑識課員として働くという方法です。

よくテレビドラマなどで警察犬とともに登場して犯罪捜査を行なっているのが警察犬訓練士で、当然のことながら警察官(公務員)ということになります。

公務員である警察官の平均給料は約50万円程度、平均年収は約800万円程度です。

もちろんこれは平均的な金額であり、初任給からこれだけの収入を得られるというわけではありません。

一方、民間の警察犬訓練士の収入はどうかいうと、個人の能力差や就業形態によってかなりの差があるといえます。

民間の警察犬訓練士というのは嘱託で警察犬の訓練を行なう職業で、仕事の依頼が多ければ収入も高くなり逆であれば低くなります。

その一例を挙げると、週4回の就業で給料(月額)が約6~10万円程度となっています。

盲導犬訓練士の給料・年収

盲導犬の訓練を行なう盲導犬訓練士の給料・年収を見てみると、給料で約12~18万円程度、年収で約200~300万円程度というのが標準的です。

一般の会社員と比べて低めと感じるかもしれませんが、盲導犬の訓練費用は寄付金に頼る部分が多いため高い収入は望めないという傾向があるのです。

ドッグトレーナーの仕事と資格に興味がある方

  • どんな勉強をすれば良いの?
  • ドッグトレーナーの資格について知りたい!
  • とりあえずトレーナーの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
ドッグトレーナーへの第一歩を踏み出すためにやる事!

関連記事